沖縄人
OKINAWAN.JP
地域・通販&旅行ブログ
ホーム 投稿動画 台風履歴 お天気リンク 通販ブログ

2019年03月26日

スーパーカー世代にお勧めの SUZUKI スイフトスポーツ ZC33S 総額230万円〜240万円

スズキ スイフトスポーツ ZC33S に5か月乗ってのレビューです。

【エクステリア】
フロントフェイスはカッコいいですが、フォグ周りのグリルモドキがよく見ると安っぽいです。リアはもう少しminiやルノーのように頑張って欲しかったですが、こんなものかなぁとも思います。ホイールデザインは、欧州で流行っている最新のデザインのようです。最初は違和感がありましたが、慣れるとカッコ良く見えてきます。
みんからレビュー用スイスポ写真.jpg

スイフトスポーツ | スズキ
https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

【インテリア】
内装は他のコンパクトカーと比較するとおもちゃっぽいですが、所有して時間が経つと不思議と満足感が出てきます。コンパクトカーを更にコンパクトにしたような空間で視界は悪いですが、慣れれば問題ありません。収納は期待しない方がよいです。ファミリーカーではありませんが、ファミリーカーとしても使えますよ、というスタンスです。
SUZUKIスイスポ・インテリア写真.jpg
【SUZUKIホームページより】

【エンジン性能】
これは文句なし。CVTに不満なスーパーカー世代にお薦めです。加速すると、体がシートに押し付けられます。是非、試乗して確かめてみて下さい。

【走行性能】
軽い車両の割にはハンドルが重いです。こちらも慣れれば問題ありませんが、最初の1か月程度は縦列駐車が嫌になるぐらい重く感じました。16年前のAT車に乗っていたせいか、ATはそれに比べて秀逸です。前車がケーブル式のアクセルだったので、若干アクセルの踏み込みに反応が遅れがちなのが唯一の不満点です。平地でアクセルを離すと、ブリッピングしてシフトダウンしエンジンブレーキが軽くかかるような感じで、ちょっとしたワンペダル走行のような感覚があります。昔の車のようにアクセルを離して流すような運転はできません。そこでブレーキを踏むとフットブレーキとエンジンブレーキのダブルでブレーキがかかります。

【安全性能】
「セーフティパッケージ装着車(+税込86,400円)」を選択すると、「デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能(6MT車を除く)、車線逸脱抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール 」が付きますので、これは付けるべきだと思います。

ACC(アダブティブ・クルーズ・コントロール)ですが、先行車が右左折の為に隣のレーンに移り減速した場合、同じように減速する為、後続車が嫌な思いをしないように運転者がアクセルを踏んで加速する必要があります。検証したところ、右折車の場合2車線分ぐらい横にズレるまで減速を続け加速しません。とは言え、ACCはかなり便利で楽です。長い下り坂でACCをセットしておけば、若干ACC設定速度を上回りますが、下り坂でも自動でブレーキがかかり定速走行してくれます。

【乗り心地】
スポーツなので足回りは硬くゴツゴツしてますが、悪いという程ではありません。

【燃費】
ちょい乗りで10km/L、遠出して15km/L程度です。

【価格】
セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車(6AT)でフロアマット・ドアバイザー等のオプションを付けて総額230万円〜240万円程度。

SUZUKIスイスポ・価格.gif

【総評】
若者向けではありますが、30〜40年前に140馬力の車に憧れた世代にもお勧めです。免許取り立ての頃の、ただ車を走らせるのが楽しかった頃を思い出します。穴蔵感があり、屋根付きのちょっと大きめのゴーカートに乗っているような感覚の車です。普通の道を、普通に走っているだけで楽しい車です。
posted by okinawan at 08:38 | 雑談・その他