沖縄人
OKINAWAN.JP
地域・通販&旅行ブログ
ホーム 投稿動画 台風履歴 お天気リンク 通販ブログ

2019年03月26日

スーパーカー世代にお勧めの SUZUKI スイフトスポーツ ZC33S 総額230万円〜240万円

スズキ スイフトスポーツ ZC33S に5か月乗ってのレビューです。

【エクステリア】
フロントフェイスはカッコいいですが、フォグ周りのグリルモドキがよく見ると安っぽいです。リアはもう少しminiやルノーのように頑張って欲しかったですが、こんなものかなぁとも思います。ホイールデザインは、欧州で流行っている最新のデザインのようです。最初は違和感がありましたが、慣れるとカッコ良く見えてきます。
みんからレビュー用スイスポ写真.jpg

スイフトスポーツ | スズキ
https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

【インテリア】
内装は他のコンパクトカーと比較するとおもちゃっぽいですが、所有して時間が経つと不思議と満足感が出てきます。コンパクトカーを更にコンパクトにしたような空間で視界は悪いですが、慣れれば問題ありません。収納は期待しない方がよいです。ファミリーカーではありませんが、ファミリーカーとしても使えますよ、というスタンスです。
SUZUKIスイスポ・インテリア写真.jpg
【SUZUKIホームページより】

【エンジン性能】
これは文句なし。CVTに不満なスーパーカー世代にお薦めです。加速すると、体がシートに押し付けられます。是非、試乗して確かめてみて下さい。

【走行性能】
軽い車両の割にはハンドルが重いです。こちらも慣れれば問題ありませんが、最初の1か月程度は縦列駐車が嫌になるぐらい重く感じました。16年前のAT車に乗っていたせいか、ATはそれに比べて秀逸です。前車がケーブル式のアクセルだったので、若干アクセルの踏み込みに反応が遅れがちなのが唯一の不満点です。平地でアクセルを離すと、ブリッピングしてシフトダウンしエンジンブレーキが軽くかかるような感じで、ちょっとしたワンペダル走行のような感覚があります。昔の車のようにアクセルを離して流すような運転はできません。そこでブレーキを踏むとフットブレーキとエンジンブレーキのダブルでブレーキがかかります。

【安全性能】
「セーフティパッケージ装着車(+税込86,400円)」を選択すると、「デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能(6MT車を除く)、車線逸脱抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール 」が付きますので、これは付けるべきだと思います。

ACC(アダブティブ・クルーズ・コントロール)ですが、先行車が右左折の為に隣のレーンに移り減速した場合、同じように減速する為、後続車が嫌な思いをしないように運転者がアクセルを踏んで加速する必要があります。検証したところ、右折車の場合2車線分ぐらい横にズレるまで減速を続け加速しません。とは言え、ACCはかなり便利で楽です。長い下り坂でACCをセットしておけば、若干ACC設定速度を上回りますが、下り坂でも自動でブレーキがかかり定速走行してくれます。

【乗り心地】
スポーツなので足回りは硬くゴツゴツしてますが、悪いという程ではありません。

【燃費】
ちょい乗りで10km/L、遠出して15km/L程度です。

【価格】
セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車(6AT)でフロアマット・ドアバイザー等のオプションを付けて総額230万円〜240万円程度。

SUZUKIスイスポ・価格.gif

【総評】
若者向けではありますが、30〜40年前に140馬力の車に憧れた世代にもお勧めです。免許取り立ての頃の、ただ車を走らせるのが楽しかった頃を思い出します。穴蔵感があり、屋根付きのちょっと大きめのゴーカートに乗っているような感覚の車です。普通の道を、普通に走っているだけで楽しい車です。
posted by okinawan at 08:38 | 雑談・その他

2018年06月11日

自動車事故対策機構(JNCAP)の被害軽減ブレーキ試験

買う予定の車の自動ブレーキ試験があれば、確認しておきましょう。

自動車事故対策機構(JNCAP)の自動車アセスメント試験動画。
https://www.youtube.com/user/nasvaassess/videos

JNCAP|NASVA 独立行政法人 自動車事故対策機構
http://www.nasva.go.jp/mamoru/

2018年02月12日

沖縄 シュノーケルが使える無料ビーチ

調べたところ、シュノーケルが使える無料ビーチが結構ありました。近場では、サンゴや魚は居ませんが北谷サンセットビーチでシュノーケリングの練習ができます。

【沖縄 シュノーケルが使える無料ビーチ】
・北谷サンセットビーチ(珊瑚・魚が居ないのでシュノーケル練習用に)
・読谷渡具知ビーチ
・読谷ニライビーチ
・恩納村マリブビーチ(旧山田温泉)
・恩納村ナビービーチ(要ライフジャケット)
・名護市喜瀬・幸喜ビーチ(旧名護市民ビーチ)
・瀬底島アンチ浜(駐車場無料だが少なし)
・古宇利島トケイ浜
・本部備瀬崎

当然ながら干潮時は、遠浅の海ではシュノーケリングはおろか海水浴もできませんので満干潮時刻を確認してから行きましょう。

気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 那覇(NAHA)
http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=NH


沖縄のビーチ 北谷サンセットビーチ (シュノーケリング練習可) 2017年5月 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=i29cH4jBTh0


できればシュノーケリングパートナーが欲しいところですが、念の為ライフジャケットもどきを買いました。ワンタッチテントがあれば、休憩時の日焼け対策に便利と思います。ご参考までに。
posted by okinawan at 10:11 | 雑談・その他

2018年02月10日

結露しにくく保温性のあるステンレス製タンブラー

いつだったか、テレビで観た2万円弱の保温性のあるチタン製真空タンブラー。これでビールやアイスコーヒーを飲んだらさぞかし美味いだろうなぁ〜、と当時思っていました。

いつも通る道のお店の窓に何やらデザインのいいタンブラーが・・・。気になって見てみると税抜き680円、ステンレスタンブラーで保温性がある、との文字。中に入って確認すると、構造的には魔法瓶の蓋がないもの、とのこと。なるほど、そういう手があったか!と感心しつつ買ってきました。

使ってみた感想は、確かに氷も溶けにくく、結露しないためコースターが要りません。コースターは、結露ですぐにカビが生えるのでこれは嬉しいです。ただ当然なのですが、持つところが冷たくないため清涼感があまりありません。ガラスに水滴が付いている方が自分は好きかなぁ、と思いつつ使っています。


昔、テレビで観たチタン製のタンブラーは確か下記だったと思います。
最近は、安価なチタン製タンブラーも出ているようですね。
posted by okinawan at 13:10 | 雑談・その他

2018年02月02日

夏の事故:シュノーケルは命の危険あり!

今度行く石垣で世界有数の珊瑚礁をシュノーケリングしない手はないだろうと思い、30数年ぶりにシュノーケリング3点セット(水中メガネ、シュノーケル、フィン)を近くのホームセンターで買いました。

さて、ではどこでシュノーケリングの練習をしようかと調べたところ、近頃のビーチはどこもかしこもシュノーケルは禁止です。かといって自然ビーチの数は限られ、駐車場やシャワーがなく、昔ほどの自由度がありません。水際から2m〜3m入れば珊瑚や熱帯魚が見られた海も本島にはもうなかなかありません。

シュノーケリング・ツアーに申し込めば結構近場でもあるのですが、少し練習して体力を付けてからでないと厳しそうです。ですが、その練習場所がありません。探したところ、幸喜ビーチでシュノーケリングできそうです。名護市民ビーチだったところですが、今は名護市民ビーチではなくなっているみたいですね。シャワーが使えるかどうか・・・。

シュノーケルは、正しい使い方を知らなければ命を落とす危険があります。もしシュノーケルに水が入ってくれば直接気道まで一気に流れ込んで来るので、水の止め方を知らないと死亡事故にも繋がります。必ずシュノーケルでの水の止め方を練習し、会得してからシュノーケリングを行って下さい。水が流れ込んで来ないシュノーケルというのは存在しません。あっても空気も入ってきません。

以下の練習は必ず2人組で、1人は監視役で必ず1人づつ練習して下さい。気道に水が入り込んで溺れる危険があります。

[1]水止め
シュノーケルで水を止めるには、マウス部分の穴に舌を突っ込んで穴を塞ぎます。まずシュノーケルだけで、少し水を入れた状態で舌で完全に塞げるかどうか確認して下さい。これが出来ない方(特にお子さん)はシュノーケルを使ってはいけません。シュノーケルを使うのはやめて下さい。


[2]シュノーケル・クリア練習編
息を吸い込んだ後、シュノーケルいっぱいに水(海水)を入れた状態で舌で穴を塞ぎながら口に加えます。そこから吸い込んだ息の半分ぐらいの息で一気に水を吹き飛ばします。水が少し残った場合は、残りの息でまた勢いよく水を吹き飛ばします。この水抜きが難なく楽に出来るようになるまで練習します。

[3]シュノーケル・クリア実践編
水中メガネとシュノーケルを着けた状態で、シュノーケルの先端が完全に水没するまで体を海に沈めます。当然、水が流れ込んで来ますので舌でシュノーケルのマウス部分の穴を塞いで水を止めます。シュノーケルに水が入ったのを確認したら、シュノーケルの先端を海面から出し、息を勢いよく吹き水を吹き飛ばします。水が残り吹く息が無くなった場合は、立ち泳ぎをしながらシュノーケルを口から外しマウス部分を顔の前に上げるようにシュノーケルを平行にし、頭の後ろにいった先端部分から水が出て行くようにします。立ち泳ぎあるいはライフジャケットで浮かびながらこれができる位置に水中メガネとシュノーケルを調整します。水中メガネとシュノーケルを取り付ける位置は、この口から外し水平に水抜きをするのにとても重要です。

■最初は、腰上から胸ぐらいの水深で足を付けた状態で練習し、次に泳ぎながら潜りわざと水を入れて(舌で穴を塞ぐのをお忘れなく)、海面でその水を吹き出せるようになるまで繰り返し練習して下さい。浅瀬で水抜きを完璧にマスターした後、少し足が届かない水深で立ち泳ぎあるいはライフジャケットで浮かびながら平行に水抜きができる位置に水中メガネとシュノーケルをセットし直します。立ち泳ぎをしながらシュノーケルの水を抜くのはフィンがないと出来ませんので、泳ぎの下手な方(私がそうです)は、まずフィンでの泳ぎ(立ち泳ぎは必須)をマスターしましょう。

以上が基本です。このシュノーケルの水止め→潜水→浮上水抜きが出来ないうちは決してシュノーケリングをしてはいけません。命を落としかねない危険な事故の元です。

【楽天で見つけたシュノーケリングセットとマリンシューズ】

posted by okinawan at 12:53 | 雑談・その他